種類からアプローチする

こぶしを突き出す

シミにはいくつかの種類があります。一般的にシミといわれるものは主に「肝斑」に該当します。肝斑は、褐色のシミが目元や口周りに発生する症状のことです。紫外線が原因で発生するメラニン色素が増大することで皮膚の中に沈着してしまいます。肝斑の症状が重いと老け顔の原因にもなるので、大人の女性を中心に悩む人が多くいます。一般的な化粧品では隠れにくいため、外出を避けるようになるなど肝斑に悩む人も少なくありません。思春期に多く見られる「そばかす」もシミの一種に当てはまります。主に頬や鼻を中心に斑点状で発生します。日焼けによってメラノサイトが変質することが原因でそばかすは発生しますが、さらに日焼けを繰り返すと色が濃くなったり数が増えたりするため注意しましょう。また、顔以外にも手足などにも現れます。思春期以降や大人になってからそばかすが発生することもあります。老人に見られるシミのことを「スポット班」といい、別名「老人性色素斑」といいます。老化現象のひとつとされていますが、最近では生活習慣や食生活の変化から20代の人にも現れることがあります。

美容外科では上記で説明したさまざまなシミに効果的な治療を施すことができます。そのため、どのようなシミでも悩みを抱えている人は、美容外科でシミ治療を受けると適切です。シミの種類によって効果を発揮する治療方法が異なるため、確実にシミを改善したいと考えている人は、自分のシミの種類を正しく知る必要があります。美容外科では事前にカウンセリングを行なっているので、そこで医師にシミの種類を明確にしてもらうことができます。目視や検査で正しいシミの種類を把握し、それに適した治療方法を施してもらえるのです。自分でケアするよりも高い効果を得ることができ、さらにシミの再発を防ぐことができます。シミの種類によって発生する原因が異なるため、根本から改善できるよう、適した治療方法を施しシミを解消しましょう。